塾生・保護者様の声

慶應義塾大学 法学部 ご進学 H 君

中学生の時から英語になじめず、高校入試はなんとか乗り切ったものの、入学時の英語の成績は下から10番以内だった春に、私は池田塾への入塾を決意しました。入塾当初は
漫然と授業の時間が過ぎるのを待つ日々が続いたのですが、そんな私を時には叱り、時には褒めてくださり決して見捨てず面倒を見てくださったことで徐々に勉強に励むようになりました。1年勉強するうちに段々と要領が掴めるようになっていき、紆余曲折を経ながらも、進路についても考えが固まり始めました。特に大学で専攻したいことが無かったので、入学してからの選択肢の幅が広い某国公立大学を第一志望に据えて本格的に勉強を始めました。合格するチャンスが増えると考え、第一志望の学校推薦を意識し始め内申点の確保にも力を注ぎました。このことが結果的に思いの外良い成績を取得することにつながり、毛頭にも考えていなかった慶應義塾大学の指定校推薦を頂けることになりました。また、高校3年生の模試では苦手であった英語の成績が上から10番以内に食い込めるようになったなど、飛躍的に英語力を伸ばすことが出来ました。
終わりに、私が池田塾に通って良かったと思う点を3つ挙げさせていただきたいと思います。
1つ目、最大の売りである英語は勿論のこと、必要に応じて様々な科目においてプロフェッショナルな先生を紹介してくださることです。私自身、数学ⅢをN先生に教わったのですがとてもためになりました。
2つ目、同学年だけでなく年上の方から年下の方まで幅広い年齢の人が集まりそれぞれにあった指導が展開されるので、学校では得られない良い刺激をもらうことが出来るところです。自分よりも明らかに年が下の人より自分の方が英語ができないという事を感じる機会となりモチベーションがすごく上がりました。
3つ目、 なにより池田先生自身にとても多くの事を学ぶことが出来るところです。勉強だけでなく、教養として身に着けておくべきこと、受験勉強の数倍大事であるこれからをどう生きていくのかという深いところまでお話できたことが今の自分の財産になっています。
一読有難うございました。参考になることが出来たのであれば幸いです。

立教大学 法学部 ご進学  T 君

私は池田塾には中学3年〜高校1年の間通っていました。しかし、大学受験をするならやはり大手が良いのではないかと思い、他の大手の予備校に高校2年生の春から冬まで通っていました。しかし、大手の予備校になるとやはり人数も多いため、先生との交流もあまりなく、生徒1人1人に対しての対応は手厚いと言えるものではありませんでした。自分から質問しに行くようなことが苦手な私はわからないところをうやむやにしてしまうことが多くなってしまい、成績もほとんど伸びませんでした。そのため塾を変えようと思い新しい塾を探している中、池田塾にも面談に行き、池田先生と話し合いをして、生徒1人1人と向き合ってくれる池田塾のような塾が自分には合っていると思い、再入塾させて頂きました。再入塾した頃はちょうど新型コロナウイルスの流行により学校も休校していました。その時池田先生から周りのみんなが怠けがちな今こそチャンスだと言われ、たくさんの宿題を出して頂いたり私が単語を覚えてくるように毎回単語テストをしてくださったりして頂いていました。春の休校期間に単語をほとんどマスターできた上に、勉強時間が大幅に増え、勉強する習慣がついたことは今回の受験結果にかなりの影響を与えていると思います。また、池田先生には、精神面でもたくさんサポートをしてもらいました。難関大と呼ばれるような大学に行きたいと言っても、「お前には無理だ。ランクを下げろ。」などと突き放すことなく、志望大学合格のためにどうすればいいか親身に対応してくれました。私はこの一年池田先生のポジティブな性格にとても救われました。学校の先生や予備校講師がよく言うような「ここができないと落ちるよ?」といったようなネガティブなセリフを私は池田先生から言われた覚えがありません。あまりポジティブではない私にはとてもありがたかったです。このように池田先生には精神面、勉強面ともに多大にサポートしていただきました。
池田塾では、自分に合ったやり方をしていただきました。お陰で志望大学に合格でき、感謝してもしきれません。ありがとうございました。

保護者様

池田先生には息子の個性をよく見極めていただき、本人の実力以上の力を出していただいたと思います。

息子は「自信が持てず他人の意見に流されやすく、目立たず積極性にも欠ける」性格です。見方を変えれば「協調性があり、控え目」で、むしろ好人物だとも言えますが、大学受験という観点で見るとあまりよろしくないなぁ…といった感じです。

そんな息子が池田塾でお世話になり、自分に責任を持ち、受験計画をしっかり立て、志望校合格に向けて着実に進んで行きました。

高3の始め頃、池田先生からの宿題だと言って毎週英字新聞の和訳をしていました。辞書をひき、文型もきちんと考えて一文一文丁寧に訳し、分からないところは先生に質問できるようにメモを残していました。いわゆる汗をかく、時間がかる面倒くさい宿題でしたが、毎週結構楽しそうにやっていました。息子の興味をひきそうな題材を選んで下さっていたことと、何より先生への信頼が勉強に向かわせていたのでしょうね。英文とまともに向き合い、理解しようとしたのは初めてだったのではないかと思います。ここから着実に英語の成績が上がっていき、結果的に息子の大きな自信に繋がったように思います。

大学受験ともなると親ができることは少なかったです。してやれたのは愚痴を聞き共感すること、応援すること、受験制度を調べること、あとは健康管理くらいでした。口を出したくなる部分もありましたが親が言っても反発されがちですので「池田先生に聞いてみたら?」で切り抜けました。池田先生も他教科の先生方も皆親身になって下さり、学習面だけでなく、精神面での成長や安定にも一役も二役も買って下さったと思います。

長い間お世話になりありがとうございました。

池田先生はじめ諸先生方のますますのご活躍をお祈りしております。

県立横浜緑ヶ丘高校 ご進学 Yさん

池田塾には中1の頃からお世話になり、英検の対策などをしてもらいました。ですが、中3になってから「英検2級を受けよう!」と提案された時はとても驚きました。受験勉強に集中しようと思っていた私にとって英検は、入試に関係ない勉強という認識だったからです。苦手科目もある中、余計なことに時間を割いても良いのだろうかと考えることもありました。しかし、入試よりも難しい単語や長文に触れ、速く解く練習をすることで入試当日も焦ることなく問題を解くことができました。最終的に英検にも高校にも合格することができ、嬉しさでいっぱいです。入試のためだけに勉強をしていたら英語の点数は上がらなかったと思います。入試対策に加え、英検受験を勧めて下さった池田先生にとても感謝しています。今後もよろしくお願いします。

上智大学 外国語学部 ご進学 Tさん

私は友人の紹介で中学2年生の時に池田塾に入塾しました。個人授業だった為、自分のペースに合わせて出来ないところを何度も復習し、得意教科であった英語を更に伸ばすことが出来たと思います。大学受験前になると、不得意だった現代文、古文の授業を受け、苦手教科を減らすことができました。結果、第一志望だった上智大学に合格することができ、今後も池田塾で学んだことを思い出しながら更にステップアップしていきたいです。次は英検1級を目指して頑張っていきます。

慶應義塾大学 ご進学 Tさん

私は入塾する前、イディオムが抜けていたり志望校特有の問題が苦手だったりと、欠けている部分が多くありましたが、池田塾でその欠けている部分を埋めていくことによって第一志望に合格できました。
特に印象に残っているのは英作文の書き方を質問したとき、その日の授業の内容にして、しっかりとポイントを教えてくれたことです。現役のとき別の塾の先生に質問したときは特にポイントを教えてもらえず、とりあえず書いてこいと言われて、自信が持てないまま本番を迎えました。浪人しても最も大きい不安の1つであった英作文でしたが、毎回英作文の課題を出してもらって、徐々に書くスピードや内容、文字数も良くなっていき、本番では良い文章を書くことができてとても嬉しかったです。
もし慶應看護を目指す人がいたら、是非東大のパラグラフ整序と私にしてくれた英作文の対策をしてあげてください。東大のパラグラフ整序の問題をやると慶應看護の問題がとても簡単に感じます。また、英作文はとても成長できます。
私は、週一回の池田塾でここまで成長できました。正直とても驚いていますし、しきれないほど感謝しています。真剣になれば必ず成長できる塾だと思います。
本当にありがとうございました。

保護者様

池田塾は自宅から距離があるため入塾する時は、正直迷いましたが、
毎回の授業ではポイントとなるところをしっかりと抑えていただき、本人の弱点を洗い出して強化していただきました。
中でも、配点の高い”英作文”は苦手意識が強かったのですが、池田先生のおかげで「得意な問題」にする事が出来ました。
「池田先生は指導経験が豊富なので、挙げる”例”も”説明”もわかり易い」と、嬉しそうに通塾する娘を見て、入塾させて良かったと感謝でいっぱいです。

明治学院大学 ご進学 Mさん保護者様

池田塾に入塾させて頂いたのは高二の10月でした。
娘は高校受験では、内申も模試の成績も充分であったはずの公立高校に落ちてしまった経験があります。併願私学の一般入試で合格を目指すコースに入学し、頑張ってはいたと思うのですが、模試は低迷しておりました。一年の冬に大手個別指導塾に入塾しましたが思うような理解が得られず、二年の秋に娘から塾を変えたいと相談されました。インターネットで池田塾を見つけて、ご相談したところ、すぐに体験させて頂き、娘がすごい!よくわかった!良かった!と喜んで帰ってきました。一年半近くお世話になりましたが、それは毎回変わりませんでした。英検では点数を取りに行く対策をしっかりして頂き、入試で有利に利用できるスコアをとることができました。また、入試では、英作文や要約など独自の出題に対して直前まで熱心に御指導頂きました。結果、模試ではE判定ばかりでしたが、何校も御縁を頂くことができました。それだけでなく心から進学したい!と思える大学に合格を頂くことができました。もし、結果が出なくても先生には感謝の言葉しかないと思っておりましたが、高校受験時から念願であった成功体験ができ、喜びで一杯です。池田塾にお世話にならなければ、このような結果にならなかったと思います。また英語だけでなく、国語についても熱心にご指導頂き、50に届かないこともあった偏差値が最後の模試では60を超えました。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

慶應義塾大学 文学部 ご進学 U君

 今でも正直実感がわいていません。あいうえおの練習からはじめた僕が慶應大学に合格した事を昔の自分に伝えたらどんな反応をするのか見てみたいものです。 字を綺麗に書く、英検準一級、一級を取りに行く、受けもしない学部の過去問を解く。当時の僕はその行為の意図に気づく事もなくただひたすらにやっていました。映画で例えるならベストキッドの最初に出てくるジャケットトレーニングの様な感じでした。これで本当に成績につながるのか?過去問をひたすらやればいいのでは?受けない学部の問題に何の意味があるのだ?当時の僕は時折先生の指導に懐疑的になった時もありました。しかし、しばらくして先生の指導の意味が段々と分かってきました。内申が足りなかった高校受験時代は字を綺麗に書いたことで先生の態度が明らかに変わり、成績の向上に役立ちました。高校合格後のすぐに、英検準一級を取得しろと言われた時は、終わった直後に更に勉強するのかと心の中で愚痴をこぼしましたが、この準一級を取得したことで高校の英語でも余裕が出来、これが後の難関大学受験に向けた英語対策の基本となりました。 最後の最後、本命の慶應の試験日の直前に最後の英語集中特訓の時、散々な結果で本当に行き詰った時がありました。その時に先生は何故か他大学の問題を渡してきました。最初はなぜ他大学の問題をと思いましたが、このことがきっかけで別の視点から問題を解く意識をした結果、これが当日の試験で大当たりしました。この時の2日間がまさに合否を分けたと言っても過言ではありません。英語だけに限らず、私が受けた世界史でも同じでした。授業よりも問題演習が肝心、圧倒的な問題量を通して世界史の勉強法を骨の髄まで染み込こませた事が、本番の試験で常に100%の力を発揮してくれました。 私個人の考えとして、この塾は勉強のやり方を教わる場所です。それ故簡単に答えに辿りつけず苦しむ事もあります。ですがそこで諦めずに答えにたどり着けばそれが受験において大きな武器になります。

保護者様

普段感情を表に出さない息子が慶應大学の合格発表で絶叫して喜んでいるのを見たとき、今までの受験の苦しさを親なりにわかったように感じました。息子と目が合い「池田先生のおかげだな」とお互いに口にしました。今思えば高2の時に、「慶應大学を考えてみたら?」と言われたようで、密かに対策をして頂いていたことに驚きました。
池田先生には高校受験から4年間お世話になり、高校進学後も引き続き英検対策で鍛えて頂きました。目標とする英検級に早期に取得することができ、流石に英語専門塾だと実感しました。英検の効能は、英語外部利用入試で英語が満点換算になるなど併願校受験が楽に運べたようでした。科目選択で悩んだ時は、世界史を勧めれられ、この選択が大きな勝因だったとも実感しました。 知らなかったのですが、慶應は英語と世界史の2教科と小論文の受験のようで、国語が苦手な息子には可能性がある受験形式でした。週末はT先生に世界史を鍛えて頂き、かなり手応えを感じたようでした。特に、入試形式で記述のある世界史はとても効果的だったようでした。 進路や受験勉強方法に迷いが生じた時などは、理由をつけて英語を予約し、英語の授業というより、受験のストレスを発散し、モチベーションを維持するために心の授業としてお願いしました。先生は息子を察し、よく食事に連れて行ってくださり、色々なアドバイスはもちろん、夢を聞いてもらっていたようでした。先生のアドバイスは、常に直球で、真剣、簡単、即効性があります。一番驚いたのが、息子がスマホからガラケーへ切り替えたことです、塾の勉強以外はYouTubeやスマホゲーム三昧になり成績が伸び悩んだ頃、昨今の厳しい入試事情を先生に聞くと「ガラケーにしてくれ!」と一言、急いでガラケーを中古で購入しスマホを封印しました。親が何を言っても効果はありませんでしたが、先生の言葉は病気の時の注射のようにすぐにその効能が現れました。 大学受験の知識がまったくなく、困った時ばかり池田先生にお任せし、第一志望大学に導いて頂き、とても感謝しております。経験豊富で適時適切のアドバイスと塾生の心を掴む接し方は決して真似ができない池田メソッドが存在すると実感しました。春からは、慶應義塾の塾生となりますが、まだやり残したことがあるようなので、今後も池田塾の塾生としてお世話になるかと思います、末永くよろしくお願い致します。

東京農工大学 ご進学 H君

私は高校1年の春に入塾し、本格的に受験勉強を始め、定期的に通うようになったのは高校2年の冬でした。
まず始めはイディオムを暗記し、3年の夏休みまでに基本的な英文法や語法、英単語は完成させるようにと指導いただきました。授業ではセンター試験の過去問を利用した問題演習を行いました。
夏休み明けからは数学や理科に多くの時間を当て、英語にかける時間が減り、覚えたことが抜け落ちてしまうこともありましたが、一斉授業「受験英文法」を利用して復習を行い、補強することができました。基礎となる文法を押さえることで自然とセンター試験の読解の分野でも安定して点を取れるようになりました。
センター試験後は、併願校の早稲田教育学部の対策を主にしていただきました。
早稲田特有の設問に対応するため、様々な学部の過去問を利用した授業で、国立私立問わず力を発揮する長文の読み方、解き方を教えていただきました。また、過去問の内容から更に発展した話題を、わかりやすく、そして面白く紹介してくださいました。それを背景知識として持っていたことで他の受験生と大きく差をつけることができたのではないかと思います。
私大入試後は、過去問の設問だけでなく、要約や、英作文など、過去問をアレンジしたオリジナルの問題で国立大対策をしていただきました。
また、精神面でも多くのサポートをしていただきました。私は精神面が弱く、プレッシャーにも弱いタイプでしたが、早稲田をはじめ私大入試を全て乗り越える事が出来ました。池田塾の先生方に支えられて、辛いことがあっても乗り切れるように、試験本番でも自信を持って平常心で取り組むことができるようになりました。学力だけでなく精神面でも大きく成長することができました。
池田塾で過ごした1年が本当に貴重な経験になりました。本当にありがとうございました。

保護者様

ずっしりと重い入学手続きの書類一式が届き合格証を手にして、ほんとに合格できたと顔がゆるみっぱなしの息子を目にすることができて嬉しく思っています。
池田先生にお世話になる前は自己流で限界を感じていた様子でした。かといって、大手の塾に通うのに部活や学校行事との兼ね合い、自分には合わないのではないかとの思いから二の足を踏んでいました。そんなことを私の友人にポロリとこぼしたら、「誰にも教えたくないの、すごくいい塾知ってるよ」と池田塾を紹介してもらいました。
高1の時からお世話になり、自分のペースで勉強ができるので息子はとても気に入っていたようです。なかなか進学の方向性を絞りきれず、絞って決まったけれど本人が志望する大学の学力レベルに持っていくには遅いスタートだったと思います。しかしながら、池田先生をはじめ、苦手な科目の為にお呼び頂いた先生方のご指導で短い期間に学力を伸ばして頂きました。大手塾なら、きっと志望校に難色をしめしたことだと思います。
家では模試の結果や塾での出来で一喜一憂していたので、ほんとに受験を乗り越えられるのか、推薦とって決めたほうがよかったのでは?と思ったくらいです。最後まで受験に取り組めたのは、先生方やまた一緒に目指していた塾生の姿勢にかなり刺激を受け、みんな大変で自分だけじゃないと思えるようになったからかな、と思っています。
大手の塾の在り方に疑問をお持ちの方、是非、池田塾にいらしてご相談してみて下さい。本物の先生がいます。1人1人の事情にあわせてご指導下さいます。あとは最後まで信じて待つのみです。これからも多くの桜をさかして下さると思います。

東京外国語大学 ご進学 Sさん

大学生活について、もう入学してから半年以上経ってしまいましたが、正直自分でも驚くほど毎日楽しくて充実しています、去年の自分が嘘みたいです。

ちょうど昨年の今頃が池田先生に泣きながら色々相談させて頂いた頃かと思います。あの時期は本当に自分的に何もかもお先真っ暗で辛くて仕方ありませんでしたが、たくさんの方のおかげで何とか乗り越えることができ、だからこそ今こんなに楽しい生活があると思うと感謝の気持ちで一杯ですし、家が遠くて勉強が去年より大変でも頑張ることができるんだと感じています。

合格がわかった時ももちろん受験して良かったと思っていましたが、実際に外大での日々を過ごすようになってからより強くそう思うようになりました。返信遅くなってしまい本当にすみませんでした。
寒くなってきたので先生もお身体に気をつけて下さい。

青山学院大学 文学部 英米文学科 ご進学 Sさん

私は高校2年生の12月頃に入塾しました。当初の目的は、指定校推薦を取るため、条件である英検2級を取得することでした。入塾前は数回ほど落ちてしまっていましたが、沢山のプリントや分かりやすい解説、英検の極意などのおかげで、入塾して一発で合格することができました。数回ほど落ちた自分が、満点に近い形で合格できたのは池田塾で対策したからであったと感じています。また、指定校推薦には重要となる定期テスト対策のおかげで高い成績をとることができ、第一志望で学内選考を通過することができました。また大学入試は英語の面接があり、英語での面接対策もしてくださいました。兼ねてからの目標であった大学に合格でき、池田塾は自分の頑張りを後押ししてくれるような存在だったと感じています。英検対策からテスト対策、TOEIC対策や面接練習など、各生徒に必要な学びに合わせて様々な対策をしてくださるのは池田塾の魅力だと感じています。池田塾で培った英語力をさらに向上できるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

保護者様

娘が高校2年生の冬、英検がなかなか合格せず焦りが出始め、ぴったりとくる英語の塾がなかなか見つからずにいました。娘の学校のお友達が池田塾に通われていて、池田塾を教えていただきました。入塾時に娘と一緒に池田先生と進路についてお話しをした時、池田先生の明るいお人柄と情熱や夢のある楽しいお話に、私も娘もすっかり引き込まれ、面談が終わった時とても清々しい気持ちになりました。「大丈夫、英検受かるよ。英語を大学で専攻したいなら大学入る前にしっかり力をつけておく方が良いよ。こういう目つきの子は意思がハッキリしてるから大丈夫。」と言ってくださり、そして入塾後より着々と力がつき、娘も自分の読解力に変化を感じていました。そして英検にも合格し、中学3年生から目標にしてきた大学に合格することができました。娘の通っている高校に池田塾の生徒さんが何人かいて、先生は秋に学園祭に来てくださいました。先生の個性的でオシャレなファッションに、周囲のお友達がざわついていたようです^_^ 本当に大切に育てていただき感謝です。娘が池田塾に入って感じたのは、塾はノウハウを学ぶ場ではなく、先生のしっかりとした教育の信念や実力、経験などにより、こどもがしっかりと力をつけていくところなのだと思いました。池田塾を教えてくださったお友達、そして先生に教えていただいたご縁に感謝です。

芝浦工業大学・デザイン工学部 ご進学

娘は小1から通信教育で勉強し、きちんと毎月提出していたような真面目な一人っ子です。中学に入り皆が塾に行き始めても、塾には行きたくないと通信教育で勉強していました。
中3になり、少し1人で勉強するには心細くなってきたのか、「わからない所だけ教えてもらい。英語の基礎から教わりたい。だから家庭教師を探して。」と言われ探しましたが見つからず、そんな時に近所に個別指導の塾が出来、しつこくセールスされたので3回お試しに無理矢理行かせましたが、「先生がキモイ!プリントやるだけなら家でやってる方がいい」と言って、1回でお断りしました。そんな中、娘のお友達が池田塾に通い始め、本当は中学生ではなく大学入試の塾だけど紹介しようか?とお母様がおっしゃってくださったので、その後すぐに池田塾に電話し、面談をお願いしました。
ドキドキしながら伺いましたが、池田先生はご自身の体験談や将来の話と色々お話しして下さりました。帰りに娘に恐る恐る「どうだった?通う?」と聞いてみると「先生変わってる。通ってみる!」私自身も、池田先生ならお任せ出来ると思ったのでホッといたしました。
英検の勉強もしてくださり、3級・準2級も同時に取れ、高校入試前には英語以外の教科の先生にも見て頂けて、無事第1志望の高校に入学する事が出来ました。
高校に入学してからは、数学もお願いしました。
始めの面接の時に「推薦はダメだよ。東大とか早慶狙っちゃう?」など、言ってくださっていたのですが、娘は高校入学後すぐに「もう入試は嫌だから推薦で大学に行きたい」と言っていて、私も同感でした。なので、定期テスト前は英語・数学以外にも、古文など苦手な教科も先生にお願いしてみてもらっていました。
そこそこ評定平均も取れ、第一志望の上智の理系に出願出来たのですが、募集人数1人に対して娘を入れ4人も希望者が出てしまい、娘なりに考えたようで、方向転換し芝浦工大に行くと言いだしました。
担任の先生からは、もったいないのでもう少し違う学校にした方が、、、とお電話を頂きましたが、本人は大学を見学して決めると。
小さい頃からビーズや刺繍、細かい事をするのが好きで、高校でも体育祭の衣装を作ったり、お友達にあげるアルバムを勉強より熱心に作ったり。私も最初は担任同様もったいないかな?と思いましたが、白衣を着て研究するより、何かをデザインして作る方が向いてるなと思いました。
大学見学の帰りに、学校へ提出する前に池田先生に報告しないとと言い、東大宮の駅から池田先生にメールし、面談の予約をしました。
面談の日、娘は塾の授業を受けていたので終わり時間に私1人で向かいました。担任のようにもう少し上にとか、推薦ではなく受験をとか言われたらどうしよう!とドキドキしながらドアを開けたら「お母さん!5分で話は終わっちゃいましたよ!お母さん来なくても良かったですよ!」と笑顔の先生に迎えられましたが、どっち?
「芝浦工大良いですよ。就職も良いし!MARCHの理系の女子は就職大変だし」「キャラ的にも向いてると思いますよ!」
良かったーー!池田先生がそうおっしゃって下さるなら間違いない!と思い、本当にホッとしました。
それと同時に娘の事を良く分かってくださっているんだな。良く見ていてくれたんだなと感激しました。
先日御礼のご挨拶に伺ったのですが、娘に素敵な花束を用意してくださっていて、親子で泣きそうになりました。3年7ヶ月本当に良くして頂き、ありがとうございました。

早稲田大学・文化構想学部 ご進学 Kさん

高校2年の夏、入塾してみた予備校が自分に合わず、悩んでいた時に出会ったのが池田塾でした。2時間にも及ぶ池田先生とのカウンセリングを通して、改めて自分の目標や夢を見つめ直すことが出来ました。池田先生は勉強の出来不出来ではなく、あくまでも生徒本人の意思をとても尊重してくださり、やる気のある生徒にはとことん付き合ってくださいます。 また、学年や年齢を問わず、1人1人の能力、目標に合わせて課題を与えてくださいました。個別指導でカリキュラムが無い池田塾だからこそだと思います。実際、私の場合、TEAP利用型入試を考えていたので秋頃までは英語の勉強を中心に、大学側の求めるスコアをクリアした後は英語の勘は鈍らないようにしつつ、国語や日本史に勉強時間の殆どを割くようになりました。早稲田大学の日本史は「重箱の隅をつつくような問題」と言われるほど細かい問題が出題されますが、それに対応出来たのもこのように池田塾の指導を軸に、効率よく勉強することが出来たからだと思っています。 池田先生をはじめ、池田塾の先生方は「生徒を教育すること」を一番に優先していらっしゃると思います。生徒にしっかり向き合って、真正面からぶつかってきてくれる、そんな塾だと思います。 池田塾だったからこその合格でした。1年半、熱いご指導ありがとうございました。

保護者様

もう後がないという覚悟で高校2年の夏に門を叩いた予備校から帰ってくる娘の浮かない顔を見るにつけ、まさしくもがいていたそんな時に池田先生と出会いました。まだ充分な力を発揮出来ていない娘に『知的な会話が出来ますね。向上心もある。この子は伸びて必ず早慶にいきます。』そうおっしゃってくださった言葉が忘れられません。この先生を信じてついていけばきっと未来が拓けると確信しました。  たくさんの生徒を相手に多くの授業を取らせることを使命にしている塾や予備校が乱立する今、池田塾は稀有な存在です。一人ひとりの資質や現在の弱点をしっかりと把握し、的確な指示を与え、自学を促してくださいます。長い時間塾に拘束をされ、自学が疎かになってしまっては、勉強をしたつもりになるだけで、本当の実力はつかないでしょう。娘は不安や疑問はすべて先生へのメールなどで解決をしていたようです。親として出来る限りのサポートをしてあげたいと思うのは当然のことですが、子どもの抱えている不安や疑問をすべて解決してあげることは出来ません。池田先生は勉強を教えてくださる存在としてだけでなく、頼りになる受験のプロとして精神的な大きな支えにもなってくださいました。常に娘の可能性を信じ、知的好奇心を刺激し、さらなる高みを目指すよう導いてくださいました。池田塾でお世話になっていなかったら大学合格がゴールと捉えていたかもしれません。大学合格はゴールではなく、新たなステージのスタートラインであり、学ぶことは人生そのものであると教えていただきました。池田先生との素晴らしい出会いに心より感謝し、池田塾のさらなるご発展を祈念いたします。ありがとうございました。

津田塾大学・数学科 ご進学 F さん

高校三年生の受験で志望校に受からず、もう一年やってみよう、と両親も応援してくれました。一人で勉強すると言って、頑固に何も聞きいれなかった私を母が見かねて池田塾を見つけ出してくれました。2時間以上、丁寧に先生は話を聞いてくださりました。なかなか人は、例え大人でも、その人の欠点とというものを指摘してはくれません。ですが池田先生は言ってくださいました。一言、「頑固」と言われたことはまだハッキリ覚えています。
私は英語と数学を教えて貰いました。英語は偏差値70前後が安定してとれるようになりました。受験では英語が点数がとれるようになるとちょっと安心できました。数学も、懇切丁寧に指導していただきました。先生が出題もとの定義、定理も教えてくださったので、出題者の意図というが少しずつ見えてくるようになりました。
私は私立大学に進学することになりました。国立は叶わなかったけれど、今は楽しく生活しています。縁あって進学した大学で、一生懸命に勉強にも日々の活動にも取り組みたいと思います。大学在学中に、頑固はもう本当に卒業して、素直な人になりたいです。それを心掛けます。池田先生、数学のI先生、本当に有難うございました。

青山学院大学・比較芸術学部 ご進学 Kさん

私は勉強がとても嫌いでした。高校3年の進路決定は勉強から逃げるように音楽大学進学を選びました。しかし、結果は不合格でした。落ちた瞬間はもう一度挑戦しようと思いましたが、音楽に裏切られた感覚と点数化されないことに恐怖を抱き、きちんと勉強しようと思いました。そして、基礎を徹底的にこなしていくという目的で予備校に入りました。基礎ができていない私は周りに大変遅れをとっていました。その遅れを取り戻そうと必死に勉強して、追いついたものの、追い越すことは決してありませんでした。自分の学力レベルが分かっていなかった私は、挑戦校ばかり受けました。もちろん結果は惨敗でした。唯一受かった大学に進学し、友達も出来て、楽しい学生生活を送っていましたが、やはりどこかで他大学受験を考えていました。しかし、本当にするかどうかそれは定まっていませんでした。他大学受験を決めたきっかけは夏休みに入院したことでした。手術の影響で、今までのように歩けなくなり、座れなくなりました。自分で靴紐さえ結べない私は外出できず、家にこもるようになりました。そこで母と話し合いを重ね、大学を休学してもう一度大学受験をすることにしました。母が探してきたのが池田塾でした。今の大学には死んでも戻りたくない、と思い池田先生に連絡をとり、話を聞き、すぐに入塾を決めました。体力が十分に戻っていなかった私にとって勉強は大変でしたが、病気を言い訳にしたくないという気持ちから頑張ることができました。池田先生の出す課題は厳しいものでしたが、そのおかげで英語のセンター試験は188点を取ることができました。青山学院大学に行きたいという願いを叶えていただいて先生方には感謝しきれません。本当にありがとうございました。

保護者様

娘は私立女子中高一貫、現役時は音大、当然の事ながら落ち、一から勉強を仕直し一般大学を目指すべく大手予備校に入りました。基礎から段階をこなす事で目標に到達する。成果が出るかわからない講習に疑問を抱えながらの一年間。結果は惨敗です。一校だけ合格した大学に入学しましたが休学し再受験の道を選びました。
秋になっており合格の保証もない大手予備校に入塾させるのはリスキーと考え、個人塾で科目に特化している事を条件に探す事に。娘は英語が得意科目だったので英語の先生に巡り会えないものかと。そこでヒットしたのが池田塾の池田先生でした。すぐに対応して下さり事情を説明し娘を預ける事にしました。第一志望に入る為には池田先生の力が絶対に必要と思いました。
先生と私が面談したのはそれだけです。第一志望に入れます。お任せください。とだけおっしゃられました。
池田先生のご指導は娘には厳しかったと思います。しかし約五ヶ月間で勉強への取り組み、生活態度、支えられて今があるという心の成長が学力向上に繋がりました。
本人含め誰もが可能性がないと思った第一志望難関大学に見事合格致しました。受験した他の大学も合格し高い高い壁を登りきりました。
投げ出さなかった娘の根性と見捨てず厳しくご指導して下さった池田先生に感謝の気持ちでいっぱいです。 「お任せください」の言葉は私ども親子を長く暗いトンネルから簡単ではないけれど必ず光の射す方向に導きます。。と言うメッセージだったと思っております。
池田先生本当にありがとうございました。娘にやっと光が射しました。

中央大学・法学部 ご進学 T君 保護者様

池田先生
ご指導、有難うございました。

先生との出会いは、私達親子にとりまして、とても素晴らしい財産となりました。
先生にご紹介頂いた本を自ら購入し読んで居る息子の姿を見て、そこまでアドバイスを頂ける塾はない!熱血な池田先生ならでは!  だと感心しておりました。
父親の居ない息子にとって、池田先生が頼りになっていた事!と間違いありません。
もっと早くに先生と出会っていたら息子の受験勉強も人生も違っていたのでは・・・と思うばかりです。
これからも池田先生とは、末永くお付き合い頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
先生には息子の学習面だけではなく、家庭の話までも真剣に聞いて頂き、私までも救われた気持ちで一杯でした。
本当に有難うございます。
大学に入学してからも、先生にご指導をして頂きたい際にはお願いしたいです。

武蔵野美術大学・造形学部・空間演出デザイン学科 ご進学 Kさん

私は美術大学志望で、デッサンや色彩の実技の予備校に週6で通っていたので空いてる時間に英語がきちんと勉強できるよう、スケジュールを変えられる塾を探してまして、池田塾に通い始めました。英語が特に苦手だったのでマンツーマンで自分のペースで教えてもらえるのはとてもためになり、美大の英語の出方など、似たような傾向のものを教えていただいたりしました。そうしてきたのでちゃんと美大の学科対策ができていたと思います。
勉強だけではなく、先生が私の将来の夢について一緒に語ったりしていただいたので大変楽しかったです。
無事、第一志望の武蔵野美術大学に合格いたしました。実技のほうが忙しかった1年でしたが、無理なく英語も続けられてよかったです。
今は沢山の素敵な人や教授はもちろん、素敵な作品や素敵な考え方に囲まれてとても楽しく美大に通っております。美術の本って英語で書かれているもので溢れているのでそういう本にもチャレンジしていけたらと思います。
素敵なクリエイターになってきます!ありがとうございました!

横浜国際高校ご進学  保護者様

朝夕週末とサッカー漬けでの中学生活を送る中、友人の紹介から大手の塾に通い始め、塾の先生からは、偏差値、模試結果、塾でのクラス、内申等を考慮して「○○高校を目指しましょう」と言われ、何もわからないまま、勧められた高校への進学を塾任せで考えていた矢先、中3の夏頃に「横浜国際高校に行きたい」と突如言い始めました。通っていた塾の先生に相談すると、渋い表情で、「横浜国際高校なら英語が特化しているので英検準2級を合格したら目指しましょうか」と言われました。英検準2級の試験まで約2カ月、今の息子の学力、英語の勉強方法・・絶対無理かと思っていました。パソコンにて英検対策で検索・・・英会話スクール、スピードラーニング等々・・すると近所に大学英語専門の池田塾を発見!中学生なので断られてもいいからと思い急いで電話をしました。先生は授業中でしたが「今から息子さんと一緒に来られますか?」池田先生から入塾の前に会ってお話がしたいと言われました。事情を説明し、英検準2級の対策をお願すると、矢継ぎ早に息子に質問を浴びせる池田先生、英語の問題・・解の公式・・元禄文化と化政文化の相違・・しどろもどろになる息子・・池田先生からの入塾の意思確認に対し微妙な息子の対応・・「お父さんお母さん、今の感じですと○○高校がいいところじゃないですか?」「えっ・・」大手塾の先生方に言われた通りの進路・・図星でした、驚きました。 大手塾の先生では言われない、あまりのストレートな会話で正直苦手意識を感じました。英検準2級の対策は出来ても、今の様子では横浜国際は困難だとも率直に言われました。受験に素人の私達が考えても、今の偏差値では到底無理だとわかっており、やはりだめかと諦めかけましたが、先生は少し考え後、息子に「やれるか?」「根性はあるか?」と問いかけ、息子の「やりたいです」という意思を聞き、先生は考え「よし、何とかしましょう!」と強い口調で言ってくださいました。半信半疑でしたが、もうこの先生にかけるしかないと思いました。ここから本当の意味での受験勉強が始まったように記憶しています。

入塾初日から、あまりの字の汚さに、「あ・い・う・え・お」の書き方から始まり、「今日はひらがなを勉強した」と聞いた時は、この塾大丈夫かな・・と夫婦で話しました。先生は数学の弱点もすぐに見抜き、数学を教えてもらえるのかと思いきや、不等号の字が汚いとひたすら不等号の書き方を練習・・塾に対する諦めムードが漂いました。肝心な英検対策は単語の暗記と辞書引き・・息子もそろそろ塾が嫌かなと尋ねると、「池田塾に行くのが楽しい」と意外な反応、塾での様々な出来事は夕食時に盛り上がりをみせ、塾以外であまり勉強しなかった息子は家で池田塾での勉強を夜遅くまで始めました。 それは、私の好きなジャッキーチェンの映画を見ているようでした、基礎からの修行が徐々に成果を出し、本人の知らない間に力を付けてくようでした・・。汚くて読めなかったノートは綺麗な字や綺麗な図形を描くことにより学校担任に褒められ、内申アップと成績アップにつながり始めました。 肝心の英検は、試験の数週間前に「心配ないですよ、受かりますよ」と先生に言われ、あっさり合格した時は親子で喜びました。まさかこの期間で準2級をとらせるとは・・それ以降、息子の池田先生への信頼は深くなり本人は何より池田塾の授業を優先してくれと私達に申し、色々大変でしたが、本人の熱意が嬉しく思い、可能な限り池田塾の他の先生方の授業も積極的に入れて頂くようお願いしました。

池田塾の授業は小人数制で、他の受講生も中学生、高校生、大学生と幅広く皆さん優秀な方ばかりなようでした、一緒に授業を受けることで、とても刺激が強いと言っていました。また、他の受講生の皆さんは集中力も凄まじいとも言っていました。なにか先生以外の受講生の方からも力を頂いているように感じだと息子は言っていました。そして他の先生方も弱点を素早く見抜き、集中的に強化してもらえる授業は即効性があると言っていました。息子が池田塾に行きたがるのはもっと様々な理由があると思いますが、こうして池田先生と出会い、池田塾に通い本人の意識を変えてもらったことがなによりの成果だと思っています。 勉強に明け暮れ、これだけ息子の意識を変えてもらえたら、もうどこの高校でもやっていけると私達は感じ、受験に失敗してもいいと思い入試の日を迎えました。特色検査の対策の後に、「息子さんは過去の横浜国際合格者と遜色ありません。彼は努力家です褒めてやって下さい。」と普段息子を褒めない先生から私どもにメールがあり、目頭が熱くなりました。 息子は貧弱な内申点を持って、池田先生の言葉の力を貰い、自信を持って試験に挑みました。結果は まさかの 合格 そっけない親への合格報告をよそに、真っ先に池田塾に行ったようでした。「まさかの大金星だな」先生に言われたようでした。先生への感謝をどう伝えてよいのかわからないようでした。 久し振り本当に嬉しそうな息子の笑顔を見ました・・池田先生に大きなお力添えを頂き本当に感謝しています。

横浜市立金沢高校ご進学 Tさん

高校受験を控えていたにもかかわらず、あまり勉強をしなかった私を心配して、母が色々な塾に体験に行かせてくれました。
5ケ所ほど有名な塾に行ってみましたが、得意教科と不得意教科の出来の差が大きい私には、どの塾も合わず、行くことが嫌になり、塾には通っていませんでした。
ちょっとしたキッカケがあり、池田塾に面接を受けに行った時、先生とお話しをさせて頂いて、衝撃を受けました。
「大人の人が、私の意見を真剣に聞いてくれて、私の意見を尊重してくれる」という事が、初めての経験だったからです。
初日の面接以降、先生とお会いして、良い「師」と出会う事の素晴らしさを知りました。
池田塾は、普通の塾のように、無理やり宿題をやらせたり、進度が違う他の人達と同じ勉強をやらせたり…といったような「やらせる」という事は、一切ありません。生徒一人一人の個性を大事にしてくれて、その生徒に合った勉強方法を提案してくれます。
池田塾は、塾に行く日も決まってないので自由ですが、その分、個人の自主性が試される塾だと思います。
私が志望校に悩んでいるときも、真剣に相談にのってくださって、本当に感謝しています。私が志望校に合格できたのも、先生のおかげだと言っても過言ではないです。
ありがとうございました。これからも夢に向かって頑張りますので、今後もご指導お願いします。

川崎市立橘高校ご進学 Yさん

私は中3の10月から池田塾でお世話になりました。
中1の頃から集団塾に通っていたのですが、自分の思うようにいかないことが多く、なかなか成績も伸びずに中3という受験生の年を迎えてしまいました。
中3になって、少し焦りは感じていたものの、頑張っても定期テストの点数や、内申点が伸びないことにいらだちを感じてしまっていた事もありました。
夏休みが終わり、このままではダメだと感じ、塾に真剣に取り組んでいく中で、無駄な時間を作りたくないと思ったことが個人塾に変えるきっかけでした。
そこで池田塾に出会い、始めは今から間に合うのだろうか…などと不安も大きかったのですが、自分に合わせたカリキュラムで、苦手な部分を徹底的に無くすことが出来るスタイルに、どんどん夢中になっていきました。
どんな時にも生徒に熱く、心から生徒の成功を願ってくださる先生だったからこそ、受験を乗り越える事が出来たと思います。
生徒数が多い中でも、ひとりひとりに全力でサポートし、自分のやる気を引き出してくださりました。
大変なこともありましたが、、初めて自分を限界まで追い込んだ高校受験だったと思います。
この経験を糧に、今後も全力で自分の夢を叶えていきたいです。

成城大学(特待合格)・國學院大学/法学部ご進学 保護者様

私の家庭は一人親家庭で、息子と年老いた母の3人です。
なんとか良い教育を受けさせ、のびのび成長して欲しいと望むばかりでしたが、経済的には思う様に行きません。
そして、息子は本当に小さな頃から、人並み外れて家族友達思いの優しい子でした。
何でも譲ってしまうし、自分を抑える事を教える必要が無い程でした。
それは良い事でもありますが、欲がない様にも見え、また場合によっては付け込まれたり、いじめられたりもします。それも考慮して、いつまで通えるか?と疑心暗鬼でも、小学校から私立に通うことになったのです。
中学受験がないのだから、好きなことを見つけて燃えて欲しいと願ったものの、日々ひたすらノンビリ過ごしていました。
中学では、部活でひどくいじめられ、毎日暗い顔で、勉強にも向かえませんでした。
高校生となってもまるで勉強意欲が出ず心配していた所、小学校からの友人のお母様から池田塾を紹介して頂き、2人で面談を受けました。
最大の心配は金銭的な事でしたが、週1度でもやって見たら?との事でしたので、月に3回程で通い始めました。
池田先生は、若い子の気持ちが良く分かる上に、親身に言葉掛けをして下さり、その子の将来に目を向けさせて下さいます。
高校1年の12月から通い始め、頻度もそのままで続けました。気持ちが緩んでいる様な時は、親からも先生に相談すると、先生は子供と親の間に入って対応して下さいます。父親が不在な家庭にとっては、大変有難かったです。
高校3年で部活を引退した頃から、自発的に勉強する様になりましたが、家での緊張感は、ほとんどありませんでした。
夏以降になると、同級生達がAO受験や推薦でどんどん自由になって行き、クラスの雰囲気が勉強に不向きな感じにもなり、受験本番に向けての大事な時に、意欲を継続出来るかが不安でしたが、ここでも先生に支えて頂き、現役で合格する事が出来ました。
試験を幾つも受ける中で、途中本命の試験で中だるみが出たらしく、残念ながらそこは不合格となりました。
ところが、進学した大学が馴染みやすかった様で、現在楽しく積極的に通っているので、本当に良かったと思っています。

筑波大学・理工学群/工学システム学類/ご進学・ D君

僕は池田塾に7月の中旬頃に入塾しました。それまではセンター英語も100点を超えたり越えなかったり点数が安定していなく、点数自体もとても低かったです。それは自分が受験においてセンター試験をあまり重視していなかったからだと思います。つまりセンター試験の英語は基礎的かつ独特でいわるゆ私立の入試や二次試験とはどこか違うモノであると思っていたからです。そう思っていたのには僕の周りの人達ががセンター試験の勉強と二次試験の勉強という風に言葉を使い分け、それぞれに共通するものは少なく、それぞれ独自の対策をしないといけないように話していたからだと思います。
けれども、池田塾に初めて行った日にセンター試験の重要度を教えられました。例えば「ある動詞の後にing型が続くような動詞を言ってみなさい!」と言われ僕は一つも答える事が出来ませんでした。これはとてもセンター試験の文法問題で出題されるような基礎的な問題です。しかし自分はそれが出来ていなかったのです。このような自分の状況をみて池田先生は文法の参考書をみせて「これを夏休み中に完璧にしなさい」と言いました。その参考書は文法問題を単元ごとに1からやるようなものでなく、頻出問題のみをランダムに載せてあるような問題集でした。ただ英語自体をあまり理解出来ていない僕は1からやらなくいいのか?というような疑問もありましたが、藁にもすがる思いでその参考書を始めました。ただやっていく内に自分が理解していて出来ている単元と理解出来ていないが徐々に分かり始めました。池田塾ではその分からない単元を先生に言うとその単元のみをまとめたプリントを山程くれますそれを授業方式でなく自分で徹底的にやりますが一枚終わるごとに先生が丸付けをしてくれて分からなかった問題をマンツーマンで解説してくれます。
自分が分からない問題をその時、その場で教えて貰えるので英語の上達率が他の塾(自分はいわゆる大手予備校に行っている)に比べて格段に高いと思います。また、後々私立の過去問をやりましだがそのプリントの問題そっくりそのままといった問題が多数出題されています(センター試験も同様)。入試の文法問題はほとんどそのプリントでカバー出来ていたのです。
また文法と並行してセンター試験の問題別の対策や二次試験対策のプリントを配布してもらい問題を解くさいの 要点(コツ)を教えて貰えます。例えば登場人物に丸をつけるといった細かな作業ですが早稲田大(理工)などの入試を解く際にはとても良い印になるのです!
それに自分の中レベルにあった過去問を用意してくれるので出来なくて諦めるといったこともほとんどなく負荷になってるとあまり感じられなかったです。
最後に自分が進学した筑波大学について話したいと思います。入試の英語に関してはとても基礎的なものばかりです。だからこそ高得点を狙っていかないといけないので基礎的な文法などの勉強の成果が試されます。
また筑波大学自身はとても雰囲気がよく、ほとんどの人が一人暮らしをしているので友達が沢山出来てとても楽しい学校だと個人的には思っています。また総合大学で体育専門学群の人は日本代表の選手が沢山いてTVで見たことしかないような人を大学内で見ることもあり、体育の授業の先生はオリンピックでメダルを取ったことがある先生にはなどがいてテンションが上がります。また芸術専門学群の人たちや留学生など色々な人が筑波大学内にいてとても面白いです。興味のある人は是非チャレンジしてみてください。池田先生が強烈な後押しをしてくれますから!

保護者様

池田先生、この度はおかげさまで、筑波大学理工学群に合格する事ができました。本当にありがとうございました。
また本日は、先生より合格祝いまでいただいてしまい恐縮しております。息子も、一生ものだと言って喜んでおりました。ありがとうございます。
浪人生活は、長いようで短く、短いようで長く、本人も親にとっても精神的に大変な一年でした。池田先生に教えていただき、英語がとても伸びて合格を勝ち取ることができたのだと思っております。今後も、先生にお世話になる事があるかもしれませんがその時はどうぞよろしくお願いします!
ありがとうございました!

法政大学・スポーツ科学部 I君

私は、十月の半ばまで部活をやっていて、本格的に勉強を始めたのは十月の末からでした。
正直この時期に、現役で受かるのは無理なんじゃないかと思っていました。
しかし、池田塾は自分の都合のいい時間に授業が組めたので、自分の限界まで授業を組んで、授業が組めない時間はスペースを借りて、自習するなどとにかく塾にいる時間を増やして、常に何かしらの勉強をしているようにしました。
センター試験では全然点数がよくなくて、やはりダメなのかな、とも思いましたが、先生方の励ましもあり、諦めずにとりあえず限界までやってみようと勉強を続けたら、現役で合格することができました。
他の予備校にいっていたら、勝手に授業が組まれていて、やりたいことがやれないまま学力が伸びずに浪人していたと思います。
だから自分が合格できたのは池田塾の先生方が自分を自分の限界値まで引き上げてくれたお陰だと思います。

保護者様

『池田塾に通い始めたのは中学3年生になってすぐの頃でした。勉強が嫌いで2年生の終わりまでは一番下の高校に行くと言っていたくらいです。そんな子が急にある中堅高校に行くと言い出し慌てて塾を探す事に。友達がいる大手の塾にするか、個人塾にするかは本人に決めさせ知り合いから教えて頂いた池田塾のお世話になる事になりました。
中学の間はなかなか成果が出ず、高校受験は目指していた公立高校に落ちてしまい私立高校に通う事になりました。息子はとても落ち込み入学式を迎えてもまだ落ち込んでいました。それが数日通った頃、友達にも恵まれ楽しく通うようになりました。一番大きかったのは“授業がわかる=授業が楽しい”と言う事だと思います。確かに私立高校は手厚い先生方や充実した設備でですが、息子が授業についていけるようになったのは池田塾のおかげです。池田先生はずっと高校は勉強が難しくなるので入学しても授業についていけなくては話にならない。ちゃんとついて行ける教え方をしますと言ってましたから。元々、勉強が苦手な息子ですが高校に入ってすぐに成果現れ、本人も親も驚いたほどでした。授業はついて行けるようになっていたので勉強が苦にならずに済み、定期テストの前に集中して通わせて頂き、普段はコツコツ自分で努力をするようになり、私が勉強しなさいと言った事はほとんどありません。
進路を決める時は息子は理数系の方が得意だからとそちらを選び、高校2年生の夏は近い大学に行くと言うくらいの事しか考えていませんでしたが、秋頃になると薬剤師になると言うようになりました。中学生の頃の成績を思うと薬剤師を目指すようになるとは思いもしませんでした。正直、大学へは行かせるつもりでいましたが浪人さえしなければいいと思うくらいでした。池田塾の熱心な指導のおかげで指定校推薦が頂けて薬科大学に合格する事ができました。
もし池田塾との出会いがなければこんなに成績が伸びる事はなかったと思いますし、自分から勉強する事もなかったと思います。
池田先生をはじめ塾の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。』

保護者様

小6から中3までは、他の塾に通い高校も希望の学校へ進学出来 「部活の硬式テニスに専念したいから塾には通わない!」と親としては、そのまま塾へ通わせたかったのですがスッパリと塾を辞めてしまいました。
最初の頃はテストでも学年真ん中ぐらいでしたが、どんどん点が悪くなり それでも授業、普段の生活態度は良かった為、高2までは平均成績が3.0でした。
常に「勉強しなさい 成績が下がったら部活を辞めなさい!」と言い続けましたが 親の心配は全く無視 本人は、専門学校へ行くつもりで居た為 聞く耳を持たずでしたが、1つ上の兄や部活の先輩方の大学進学についての話などを聞いたりし 大学進学も考え いよいよ自分も塾に通わないとマズイと思い始め ようやく高2の秋に「塾に通いたい」と自分から言い出したのがきっかけでした。
集団の中で授業についていく自信も無く 部活も早退はしたくない。そこで、お友達が中学から通っていた池田塾の話を聞き 自分の通える時間に無理なく受講出来 その子に合った勉強方法で教えて下さると聞き 息子には この塾が合うかもしれないと 池田先生に連絡し、面接をして頂き 入塾しました。
に通う様になってからは、「塾は楽しい」そして 学校の授業で指されても以前は間違える事が多かったのですが 周囲の友達も「お前どうした?」とビックリされるくらい学校の英語の先生からも「パーフェクトな回答です」と常に言われる様に回答出来る様になり、成績もほんの少しずつでしたが上がってきました。
池田先生はテストの点が伸びると とても褒めて下さり それもやる気の源になりました。
しかし、本当は文系に進みたかった様なのですが、進路選択を学校へ提出ギリギリにお手紙を見せて来たり・・・・兄が理系なのもあり 私も「理系の方が進みたい道の選択、就職の幅が広がるから理系にしなさい」と
あまり進路について真剣に考えて居なかった息子に腹が立ち 本人の意見や話も聞かず 理系に進ませてしまいました。結果 やはり勉強が苦手な上に 更に 数学は難しくなり厳しい道が待っていました。
3年になって文系に変更出来るチャンスはあったのですが、大学で学びたい事が見つかり、それは理系の勉強だったので、そのまま理系に進みました。
口癖は「部活が第一 部活を5月に引退したら受験勉強をきちんとするから それまで部活に専念させて」でした。私がいくら言っても勉強はしないので 親としては大学受験は果たして大丈夫なのか心配でしたが、5月が来たら本気になってくれるかな?と信じ、待ちましたが、私の考えは甘かったです。「大学へ行きたい学びたい」と口では言いながら 引退しても なかなかスイッチは入りませんでした。
勉強に自信がない息子はAOを受けようと考え 学校の面接でも「受かった実例が無いから かなり厳しいと思います。」と言われながら ダメもとでチャンスが増えるならとチャレンジしました。
池田先生は エントリーシートから面接の練習まで全力で指導して下さり、本番に臨みましたが、本人から後で聞いたのですが「君の学びたい事は この大学では学べない」と面談で言われた様でした。
実際 オープンキャンパスへ行き、大学の先生にこれを学びたいと話を2回していたので、その時は学べないと教えて下さらず・・・親子で不合格通知を見た時には愕然とし、やはりショックでした。
そこからは 別の学びたい事を学べる大学を探し 一般受験へ向けて頑張ろうとしましたが、10月に息子は泣きながら「文系頭で理系の勉強をいくら良い先生に指導してもらっても解けない!もう無理、受験を辞めたい」と訴えて来たので、この子に受験は無理、お金も無駄になるし就職か専門学校へ進路変更しようと思い、ありのままを池田先生にメールで「塾を辞めようと考えて居ます」と連絡しました。
先生は息子と話をして下さり、楽しい事ばかりで勉強してこなかった自分、人のせいにばかりして逃げてきた自分 とても厳しい現実を突きつけて、本気で真剣にぶつかってくれました。
もう一度 「大学受験に向かい ここから頑張る!」と気持ちを立て直し頑張り始めましたが、学校では遅くまで自習室や教室で残って勉強していた様ですが、家で本気で勉強する様になったのは 12月に入ってからだった様に感じます。
そして やはり大学受験は、そんなに甘くはありませんでした。センター試験は出来が悪く、一般受験も的を絞り2校しか受けませんでした。1校はチャレンジのつもりで、1校は本命で3日間全て受けましたが、過去問題では8割9割の出来で、塾の先生方にも「大丈夫!頑張っておいで」と送り出して頂き、気合を入れて本番に臨みましたが 今年は過去問題がガラリと変わり、英語は出来た様ですが、数学、化学に関しては難しく出来なかった様です。でも どんなに問題を変えられて難しくなっても基礎や勉強がしっかり身についていれば解けたはずなので。本人の勉強不足だと思いました。結果は落ちてしまいました。
我が家では「浪人はさせない だから塾には通いたい分だけ行きなさい 結果が出せなければ就職」というのが高1の頃から言い続けて来た約束でした。
落ちてみて 本人はようやく自分の勉強不足 考えの甘さに気が付きました。
残酷かもしれませんが 落ちた日 息子は、主人 兄 私の3人から「勉強不足だから合格出来なかった 泣く資格はない!皆に勉強しなさいとずっと言われて居たのにやらなかったのは自分だろう いつも何かあるとすぐ楽な方に逃げてばかりだからダメなんだ もういい加減逃げるのは終わりにしなさい 現実見なさい」とガンガン言われました。
いつもは すぐ人のせいにして逃げていた息子は 言い訳1つせず 「大学行きたいから、中期で受けられる学校を探す」と すぐに池田先生に2人で相談に行き 2校の学校を探しました。
崖っぷちに立たされ 行き場のない不安 でもやらなければ受からない現実と戦いの1週間が始まりました。
とても とても遅すぎたのですが そこからは人が変わった様に 朝から塾の自習室で勉強し夕方からは数学 英語を指導して頂き 見事2つの学校に合格する事が出来ました!
進みたい方向とは全く別のことを学ぶ選択をしましたが 本人が「そうなったのは自分の努力不足のせいだから 学べる学校があるだけでも有難い!今度こそ大学4年間は後悔しない様に4年間しっかり勉強を頑張り、4年で学びながら進みたい道を決めたい」気持ちにも整理をつけ 晴れ晴れとした笑顔で卒業式を迎え 仲間に囲まれ 飛び切りの笑顔で卒業しました。

親として もっと ああすれば良かった こうすれば良かった 正直 もう1度本命の学校にAO新たにチャレンジすればと後悔もありましたが ウジウジ諦められなかったのは私の方でした。
息子は「AOチャレンジは良い経験になったし将来必ず役に立つ 無駄にはならない」「お母さん後悔しても何にも始まらないから 俺は大丈夫だよ 頑張るから4年間見てて」と言われ、一回り大きく成長した気がします。
勉強は苦手でしたが 卒業式に担任の先生にも「普段から人の嫌がる事も 何も言われなくても いつも黙って黙々と手伝ってくれて 本当に信頼していました。受験は残念でしたが 決して勉強していなかった訳ではなく毎日遅くまで勉強して居た姿、私は見て来たので残念ですが「何処に通う事になっても心配ないです。大丈夫です
よ!」と言って頂き、頑張って来た部活の顧問の先生からも卒業後連絡があり 学校の部活のスポーツイン
ストラクターとして後輩にテニスの技術指導をと有難いお話を頂きました。
辛かった事の後には 嬉しい事が待っていました。
池田先生には 勉強だけでなく 人生についての大切な事 本当に色々な事を教えて
頂き 何度も壁にぶつかりながらも諦めずに受験に臨めた事 一時は就職や専門学校
への道も考えましたが無事 大学に進学出来た事 優秀な生徒さんばかりの中 息子の様な勉強が苦手な子の事も最後まで諦めず指導して頂き本当に感謝しています。
2人の息子を育てていますが 本当に子育ては難しいです。私も この受験で沢山の事を学びました。
なかなか 一人一人に真剣に向き合って下さる塾の先生は数少ないと思います。池田先生に出逢えた この1年はとても大きなお金では手に入らない財産だと思っています。
受験を諦め掛けている方 是非 池田塾を体験してみて下さい。何かが変わると思います!

東京女子大学・現代教養学部/人間科学科/心理学専攻ご進学 Sさん

私が池田塾に入塾したのは、中学三年生の時です。
課題の多い学校に通っていたため、英語に関して当時はしっかりと理解する、というよりも課題を提出するために勉強していたように思います。
そのため成績も芳しくなく、私自身かなり危機感を覚えました。
しかし池田先生が一問一問、答えの根拠を丁寧に教えて下さったり、私の現状に合った課題を出して下さったおかげで学年が上がるごとに成績も伸びてゆき、最終的に大学受験の本番では英語が一番自信を持てる科目となりました。
また日本史の先生にも高校2年生の時からお世話になりました。
元々暗記科目が得意ではなかったのですが、先生の専門的かつ広い視野から見た説明と時代ごとの入試問題を扱った演習でセンター本番では8割を取ることができました。
池田塾は先生と生徒の距離がかなり近く、先生方は私の現状をよく理解して下さいました。
相談し易い環境なので、受験期(本番の前日に授業をして頂けたりもしました!)もかなりリラックスして臨めたと思います。
池田塾にお世話になることができて本当に良かったです。先生方、ありがとうございました!

保護者様

都内の中高一貫ミッション系女子校の娘が池田塾に入ったきっかけは、中学2年生の時の英語の授業がわかりづらく、どんどん成績が下がって学年順位が下から数えた方が早くなってしまい、娘の方からこのままでは大変なことになるから塾に通わせて欲しいと言って来たからです。
母親である私自身は塾に通った経験がなく、学校の授業を真面目に聞いて、自分で計画を立ててきちんと勉強すれば大学受験にも対応できると信じこんでいた為、娘の申し出には少し躊躇しました。
ただ、娘の危機感も理解できましたのでネットで情報を得ようと検索したところ、池田塾のHPに行き当たったのです。
池田先生のブログを拝読して、大いに共感するところがありましたのでメールで連絡をしたところ、先生からすぐにご返信があり、即面談ということになりました。
主人も含めて3人で面談させて頂いた結果お世話になることに決めたのですが、正直その時点ではこんなに長く通わせて頂くことになるとは思っておりませんでした。
池田塾にお世話になるようになって、娘の成績がすぐに上がったかと申しますと、残念ながらそうではありませんでした。
娘の性格上、熱くなって燃えるということがないので劇的な変化というものはなかなか見られませんでしたが、
本当に少しずつ少しずつ成績が向上し、高等部3年になる頃には5段階の英語のレベル別クラスの一番上のクラスになることが出来ました。
娘は高2の秋から並行して大手予備校にも入塾したのですが、そちらでも私立大最難関クラスでお世話になることが出来ました。
もう1つ、池田塾に入って本当に良かったと思うのは、日本史も熱心に見て頂けたことです。
ベテランのT先生に親身になって教えて頂けたので娘の日本史の成績もセンターで8割以上の点数を取るまでにして頂きました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
結果、中学生の時には考えられなかった東京女子大学の合格を頂くことが出来ました。
4年間に渡る長い期間娘が池田塾に通い続けられたのは、池田先生の教育に対する熱い思い、損得勘定抜きの熱心なご指導があったからこそだと思いますし、
先生の交友関係で集まって来られた他教科の先生方も本当に素晴らしい方達ばかりでした。
池田塾にお世話になることが出来て本当に良かったです!
どうもありがとうございました!

学習院女子大学・国際文化交流学部ご進学 Iさん

私は高校1年生の時、英検対策のために入塾しました。先生は出来るとたくさん褒めてくれるので諦めそうになった時も頑張ることが出来ました!英検に合格した時、自分の事のように喜んで下さったのがとても嬉しかったです。英検合格後は学校の定期テストやセンターの対策など、きめ細かくご指導いただきました。勉強だけでなく物事に対する考え方なども教えてもらえて、とてもためになりました!大学の進路がなかなか決まらなかった私に今まで考えたことが無かった女子大を勧めてもらい、興味を持ち、合格することが出来ました!先生には本当に感謝しています。ありがとうございました!

神奈川大学・経済学部 保護者様

「大学へは行かない。高校も無事に卒業出来るか分からないし、もし卒業出来てもフリーターになるか、専門学校に行きます。」  高2の夏休みの面談で息子が担任の先生に言った言葉です。
地元の進学校に入学できたものの、授業に全くついていけず、不登校寸前になりかけていた息子からは自信も笑顔も消えていました。個別指導で有名な塾に通ってはみたものの、成績は一向に上がりません。勉強が分かって学校の授業についていければ、せめて元気に登校するようになるのでは…と、親の方が焦っていました。
そして高2の終わり頃、偶然に池田塾ホームページに出会えました。
「勝負するものが無いなら大学へは行かなきゃダメだ!」
入塾の面談で池田先生は、一生懸命に諭すように息子に語ってくれました。隣で見ていて、先生の熱意が真っ直ぐに息子に伝わっているのが、その表情から伺い知れました。
その時私は「大学進学は夢ではないのかもしれない」と驚かされました。どうにか今の高校を卒業さえしてくれれば…と『大学』の2文字は頭の中に全く無かったからです。
高3の春から正式に入塾し、息子の態度に少しずつ変化が見えてきました。高校へは相変わらず、嫌々ながらの登校でしたが、通塾の時は表情が明るいのです。
池田先生からも「笑顔が見えてきました」というメールを頂き、親としても励まされました。学校の面談でも「英語の勉強、努力されているのが答案用紙を見て伝わってきます」と言われるようになりました。
しかし、勉強への取り組みが以前より少し良くなったとはいえ、息子の場合はゼロからというより、全くやる気無しのマイナスからのスタートでした。志望校も本人いわく「行けるところなら、どこでもいいよ」といった投げやりな態度でした。
夏休み中、あまり乗り気ではない息子を、幾つかのオープンキャンパス見学に連れ出しました。その結果
「◯◯大学に行きたい」

やっと志望校が決まりました。
とはいえ、11月の学校模試の結果は、その大学はD判定でした。D判定でも、息子からは必死さというものが全く見えなくて、私は不安になりました。ついキツい言葉でなじってしまい、口論も度々ありました。今思えば、息子は彼自身の性格上、「必死さ」を外に出さないように注意し、内側ではラストスパートに賭けていたのかもしれません。
一般入試を目前に控えた頃、池田先生からメールを頂きました。「◯◯大学の英語、合格点を取れるレベルに仕上がっております」と。その一言で、今までの不安がすっかり消えてしまいました。
約一年間、息子も彼なりに頑張ってきたこと、池田先生をはじめ、他教科の先生方にご尽力いただいたこと…合格レベルまでに仕上がっているのだと、確信と安心感で肩の力が抜けました。
試験当日、息子は意外なほど晴れやかな顔で家を出ました。数日後、合格通知を速達で受け取り、私は嬉しくて泣いてしまいましたが、子供は冷静でした。合格出来る自信があったのでしょう。
先日、大学の入学式用のスーツを買いに家族で出掛けました。スーツを試着する息子の姿を見て、私は思わず目頭が熱くなりました。ちょうど一年前、池田先生に出会ってなかったら、この姿は見られなかったでしょう。
この一年間、池田先生に何度もメールで相談にのっていただき、ハッと気づかされる言葉をたくさんもらいました。巷にあふれている子育て・教育関係の本とは違う視点の言葉で、とても新鮮でした。
池田先生は勉強だけではなく、もっと広い視野で子供と向き合って下さいました。高校3年という、人生でも大切な時期に先生と出会えたことは、息子にとって貴重な体験だったと思います。
大学が『ゴール』だと思っていた私に、大学は夢を叶える『ツール』にすぎない、と池田先生はおっしゃいました。
池田塾から巣立った生徒さん達は、ツールを思う存分活用して、自分の夢を実現されることでしょう。本当にありがとうごさいました。

慶應義塾大学・文学部 Y君

僕は高2の終わりに入塾しました。それまでの僕は、世界史に関して言えば高校の中で下から数えた方が早いくらい成績が悪く、何より世界史が嫌いでした。しかし何としても慶應に受かりたいという思いはありました。そこで良い世界史の先生がいるということで池田塾を選びました。授業では高校でやっているはずの範囲を一から教えてくれ、スムーズかつわかりやすい内容でした。また、先生の専門的知識が多いため内容を細かく(時には世界史の授業のはずが脱線して日本史の授業になるほど(笑))、これが世界史嫌いの自分にとってとても助けになりました。退屈なだけの暗記教科という考えから奥深い教養という考えに変わりました。そこから世界史がだんだんと苦手でなくなり終いには得意科目かつ得点源となりました。

もちろん相当の努力をしましたが一年間で慶應に進学できて感謝しています。ありがとうございました。これからも日々精進するので見守っていてください。

中央大学・商学部ご進学 S君

私は高校生活最後の夏も終わりかけた、9月ももう始まろうかという時にこちらの塾に入塾させて頂きました。大手予備校に通ってはいたものの中高と6年間野球部に入り、勉強などは定期テストのためのものですら満足にしないような、そんな生徒でした。部活を引退し、大学受験という存在を意識というよりリアルに認識したのが8月の終わりでした。周りの友人たちは私よりも一歩も二歩も先を行っていて、正直追いつけるとは思いませんでした。中央大学に入りたいという気持ちはありましたが、過去問を見ても解ける気がしませんでした。しかし、池田先生をはじめとする諸先生方はそんな私にも丁寧、かつ合格への最短距離へ導いてくれるようなご指導をしてくださり、結果、周りを追いつけ追い越せというところまで引っ張りあげてくれました。勢い余って国公立前期の合格まで頂きました。本当に先生方には感謝してもしきれません。もちろん勉強面でのご指導が抜群なのは言うまでもないですが、生活面やメンタル面その他のことに関してもいくつものアドバイスを頂き、今でも私の中に生きているものも少なくありません。最後になりますが、あの数ヶ月は私の中で一生の宝物です。短い間ですが本当にお世話になりました。そして、これからもよろしくお願いします!

早稲田大学・商学部ご進学 Mくん

ぼくは高校二年の夏にはじめて姉が通う池田塾を訪れました。
面談の中で早稲田大学商学部という目標を半ば先生の提案のような形で設定しました。部活に熱中し勉強の習慣も無かったので初めは正直本気にはなれませんでした。しかし「どうせやるなら早慶上位行きたい」と気持ちが前向きになり、それまで全く勉強への姿勢がなかった僕のベクトルは少しづつですが変わりはじめ、少しづつ少しづつ勉強の目標設定と実行と反省を繰り返し高校3年生までには完全にベクトルは勉強に向き、部活と勉強の両立という形で100%を尽くし、早稲田大学商学部に進学することになり受験においては勝利するという結果になりました。
そこでぼくの勝因をここで書きたいと思います。それは兎に角「やりたい!」「合格したい!」という気持ちです。自分でスタートをきり失敗をしてもどうしたら成功するのか模索し少しづつでも前に進むことだと思います。そのスタートのきっかけをぼくは池田先生につくっていただきました。またそれにより成功をするという経験をいただきました。ありがとうございます。またこの経験を今後の将来へと役だて幅広い世界での活躍のできる人間になりたいと思います。
最後になりますがここでの約1年半で学んだことを一生の宝と思い精進したいと思います。ありがとうございました。

保護者様

池田塾には5年間で二人の子供がお世話になりました。入塾のきっかけは、中高一貫の私立高校に通っておりました長女のいわゆる「なかだるみ」と言われる高校1年の成績不振でした。本人も危機感を持っており、予備校の体験や個別指導塾、通信教育なども試してみましたが、なかなか合うものが見つからない状態でした。2人の子供が、ともに私立だったため、カリキュラムも公立と違っていたりで、家庭教師??という選択もありましたが、どんな先生にあたるか?は賭けになるようで気が進みませんでした。たまたま、池田塾のホームページを見つけ、情熱あふれる紹介に魅かれ面談を申し込みさせていただいたのが、きっかけとなりました。

世間では、カリスマ講師の講義をインターネット配信やビデオで受講するものが人気ですが、コミュニケーション能力が低下しているといわれる子供たちが、自分の夢、希望の実現のために全身全霊で、生身の人間である先生にぶつかっていくということが、大切ではないかと考えます。

子供は、とかく親の言うことはわかっていても素直に聞くことができない年頃がありますね。そんな時に、先生から勉強以外の世の中の仕組みやなぜ今勉強するのか?将来はどうなるべきか?などのお話しをしていただき、勉強の意義を感じて、あきらめずに学習を継続できたのではないかと思います。

また、2人の子供は、クラブ活動をしていたため、決まった時間に塾に行くことができないという事情もありました。特に長男は、運動部でしたので、土日は試合、平日も毎日のように練習があり、部活の後に直接、行かせていただいたり、行ける時にまとめてお願いしたりと、かなりわがままに通わせていただきました。

池田塾のすごいところは、先生の素晴らしいネットワークにより、いろいろな分野の授業を受けることが可能というところです。池田先生には英語をご指導いただきましたが、他にも日本史、数学、古文なども受講させていただきました。困ったら・・・・・池田先生に相談してみたら??と子供には言っておりました。また、その際には、正直に自分の考えていることを先生に伝えるようにとも言いました。先生が真剣に向き合って下さっているのがわかっておりましたので、ごまかしや表面的な体裁だけの相談は、して欲しくないと私が思ったからです。

池田塾に通う生徒さんの意識が高いことも、わが子供達には刺激と良い影響だったと思います。優秀な生徒さんと一緒に勉強していると、学内だけではない、たくさんの受験生がいるということを自覚できたと申しておりました。おかげさまにて、長女、長男共に大学生活を満喫しています。

受験は家族を含め、大変なことには違いありません。経済的にも大きな負担になります。だからこそ、より効果のある子供のためになる塾を探したいと思うのは親として当然です。

塾をお考えでしたら、私が子供にも言っておりました言葉・・・・・

困ったら・・・・・是非、池田先生にご相談なさってみてください!!

日本大学・生物資源科学部ご進学 Kくん

僕は中3の秋にこの塾に入塾しました。親の勧めでした。最初はあまりやる気がなく、また僕の学校は中高一貫校だったので高校受験もなく、気楽に通っていました。ただ通って間もない頃に先生に叱られた時は、「この先生とは合わないかもな・・・」と思ったりもしていました。しかし池田先生は出来れば凄くほめてくれたし、何よりも説明がわかりやすい!!また覚えにくい単語などは面白い覚え方を伝授してもらったので、英語力が伸びていきました!そのためクラス下位だった僕が高1最初の中間テストでクラストップ、その年の秋に英検準2級取得、そして高2の夏休みの前には英検2級に合格しました!しかし高3になると数学や化学も勉強しないと大変な時期になってきました。高1の時理系のカッコ良さに惹かれ理系にしようという安易な考えがここでききました(笑)。そしてとうとう数学と化学が不安定のまま最後の夏休みに入りました。池田先生と僕は朝から晩まで一緒に過ごしました。買い物へ行き重い荷物を交互に持ち合い、飯を御馳走になり、近くのパン屋さんの人が優しかったり、海へ行き受験の悩みや家族、愛する人の獲得の重要性や将来の生き方などを語り合い、僕はひたすらセンター英語の勉強!!ここの文では語り切れない思い出があります。9月に入ると英語よりも数学と化学を優先させました。しかし自信がないまま12月に入り、12月の模試では英語の偏差値47、数ⅠA、ⅡBは35、化学に至っては29をとってしまい、これには親も不安を隠し切れない様子でした。僕が一番辛かった時期です。僕は先生に相談しました。「もう俺、自信なくしました。」と・・・。すると先生は、「お前は自信を失うほど勉強したのか?挫折するほど努力したのか?」

そこで僕は初めて気づきました。自分が今まで勉強から逃げてきたこと、そして池田先生、家族など色々な人に支えられて今の自分がいること。そこから僕は変わりました。もちろん数学と化学は悪戦苦闘の日々でした。でも僕は心の中で ”たった一度の大学受験、後悔だけはしたくない” と思い、入試が終わる日までやり続けました。さすがに3校連続で不合格をもらった時は落ち込みましたが、池田先生は「辛いと思うけど、諦めるな!!」と言って下さり、それがとても励みになりました。23日(合格発表日)の午後3時過ぎくらいの事でした。池田塾に一本の電話が鳴り響き、先生が「はい、もしもし池田塾です・・・本当ですか!?それはおめでとうございます!!」と言っていたと思います。僕は最初、「また誰かが合格したのかなぁ。」と思っていました。しかしその思いもつかの間で、先生から握手を求めてきて下さり、一言「おめでとう!!」と・・・。僕はとっさに先生に「ありがとうございます!!」と言っていたと思います。先生はとても喜んで下さり、「もう勉強はいいから帰りなさい。」と言われ僕は、今まで言われてきた事と逆の事を言われ不思議な気持ちになりました(笑)。ただ僕のような受験生の為にここまで喜んで下さる先生もいないと思いました。感謝です。僕と池田先生はヘビメタが大好きという事もあり、将来僕が運転免許を取得し、お金も持てるようになれたら、その時は先生を乗せて辛かった受験時にお互いを力付けたヘビメタを聴きながら、ドライブしたいと思っています!!それは夢の一つです。これから先何があるかは分かりませんが、だから楽しいと思うし、何よりもまず池田先生と出会えた事に感謝感謝です!!これからは感謝の気持ちを忘れずに、人間性を少しずつ高められたらと思います。最後に僕は池田塾で良かったです。先生には勉強以外の事(ここの文に書くともったいないので書きませんが(笑))も教えて頂き、凄くためになりました。これからまた会う日には、またどうぞよろしくお願い致します!!

保護者様

中高一貫でのほほんとサッカーを楽しみ、気が付けば中3でクラス下位、学習進度も早く、このままではどうなるかと思い、大手個別塾へ通い出すも、担当は毎回変わるアルバイトの方で全く結果も得られず、どうしたものかと悩んでいた頃、友人の勧めで池田塾を知りました。導かれるように電話問合せをし、まだ見ず知らずの池田先生とお話しさせていただくと、何か稲妻が走ったように「こちらに息子をお願いしたい!」という気持ちになり、すぐに面談をしていただきました。当時の息子は愛想も無く「どうして俺がここに居るのか?」という態度、目も合わせず反抗的でした。そんな息子に、池田先生は「まずは基本生活の見直しから始めましょう、そして英語はクラストップ目指して、英検にもチャレンジしましょう」と・・・。正直、私は「いえいえ、先生クラス下位のこの子がそこまでは・・・」と思いましたが、入塾後少しずつ生活が安定してくると英語は高1で宣言通りクラストップに、英検も高2までに2級合格し、英語は自信が持てるようになり、センター試験リスニングでも46/50得点できました。入塾前は平均点以下だったので驚きの成長です。数学、化学については苦手科目であり、受験勉強でも大変苦戦していました。実は高3、12月の模試では化学の偏差値29、数学35、これには私もひっくり返り大変不安になり、すぐさま相談をしました。そんな時も池田先生は「お母さんは合格を信じて明るく笑顔で応援して下さい、学習面は全て池田塾にお任せ下さい!」と。この言葉に本当に救われました。数学、化学の講師の先生方も息子の弱点を見極めてポイントを絞って志望校へ向けて指導して下さったおかげで、入試直前にしっかりと伸ばし、引き上げていただきました。受験が始まってから不合格が続きましたが息子はあきらめることなく、ひたむきに池田塾へ通い、家でも頑張っていました。2/23、志望校へ合格した時、真先に合格を伝えていただき、私も感動で涙があふれました。後日、他大学からも特待生合格をいただきましたが、日大へ進学を決めました。E判定から、逆転サヨナラホームラン、金メダル級の合格でした。今では入塾面談時のやさぐれた感じがうそのように「池田先生と出会ったていなかったらどうなっていたか怖い、最も尊敬する大好きな先生」と言う息子、ずいぶん素直になりました。息子の性格を理解し、オーダーメイドの授業を創っていただき、勉強以外にも、人生について一緒に悩み、考えて下さる真の人間塾にお世話になる事ができたご縁と幸福に感謝しております。塾長ブログにも登場させていただき(この夏行き詰った高3生・・・)貴重な経験をさせていただける池田塾は息子にとって最高の居場所だったと確信しております。春から希望を持って大学へ進学します。どうか今後も英語のご指導、そして人生の先生として親子共々池田先生と関わっていけたら幸せだなぁ・・・と思います。

書ききれない、言葉にできない想いも沢山ありますが、心をこめて ”ありがとうございました”

慶應義塾大学・法学部ご進学 Yさん

私が入塾したのは中学2年生の時でした。英語が好きで仕方がなかった私を、学校では扱わない高いレベルの教材を用いて鍛えてくださり、私の英語熱は一層高まりました。中学2年生で英検2級を取得して自信をつけ、その後は授業を通して実践的な英語を身に付けました。受験英語では相当の英語力が身に付いたように思われます。 高校1年生の冬に世界史を受講し始めると、知識が溢れ出てくる先生の授業に魅了され、授業を受ける毎に自分が賢くなった気がして夢中になり、英語と並ぶ得点源の教科になりました。文化史、論述、マニアックな地域史まで全てカバーして頂き、どんな難解な問題に直面しても挫けることのない相当の力がつきました。 私が慶應義塾大学合格に際し学んだことは、枠に捉われない教養の大切さです。英語では扱う文章からその背景を学んで議論したり、世界史では日本史の知識も欠かせませんし、まさにそのようなポイントが早慶では問われます。そのような幅広い教養を身に付け、受験で勝っていく授業が池田塾にはあります。 受験のプレッシャーでナーバスになっていた私を親身になって最後まで支えてくださった池田先生、T先生には感謝の気持ちで一杯です。思うようにいかず、悔しくて泣き喚いた時もありましたが、時には優しく、時には厳しい言葉をかけて頂き、受験を乗り切ることができました。5年間学んだ池田塾を離れるのはとても寂しいですが、池田塾で培った教養を礎に、外交官という夢に向かって邁進したいと思います。今まで本当にありがとうございました。

保護者様

先生にお会いして娘は英語を学ぶことの楽しみをより一層深く知り、彼女の人生の転機になったと思います。 英語を学んだうえで苦痛を感じた様子を見たことがなく、英語が大好きなまま受験に臨み、結果目標に到達出来ました。大変感謝しております。これから先、大きな困難に直面することもあると思いますが、そんな時もいつでも相談においでと言ってくださる先導者のような先生は娘にとって宝物であると思います。

日本大学・法学部ご進学 O君

苦手科目が得意科目に!!

池田塾に入塾する前、私は自分でもわかるほどの落ちこぼれでした。全教科の中で、「この教科は好きだ!」「この教科は得意だ!」という自信ののある科目もなく、そして、英語だけは全科目の中でもずばぬけて落ちこぼれていました。多分、中学生で教わる内容もわからないといった感じです。中学生の時にも塾には通っていました。中1の時に某大手の塾に通いましたが、先生と性格が合わないので退塾し、中2の頃違う某大手の塾に通いましたが授業についていけず、そして自分の努力不足で成績も伸びませんでした。そして私はあまりレベルの高くない高校に進学しました。当然英語はボロボロで、高校でも定期テストの英語は100点満点中20点くらいという酷い成績でした。この現状に私のことを心配した母が私に池田塾を勧めてくれました。最初勧められた時は「自分はバカだからまた塾に通ってもテキストや先生の言っていることがわからなくなりそうだから、行くの嫌だな~」と弱気でした。高1の学年末テストが終わったと同時に塾に入塾しました。そうしたら、自分でも信じられないのですが、「嫌い」だった英語が「好き」になりました。学校の定期テストも20点から80、90点に、評定平均値も塾に入る前の1年生の頃は3.6でしたが、塾に入った後の2年生では4.2になりました。英語ができるようになったと同時に他の科目もできるようになっていきました。塾長の池田先生は大手塾の先生とは違ったわかりやすい教え方をしてくれます。そして人間性も育ててくれます。塾に入る前までは一つの英単語を見るのも嫌だった私が、今では毎日辞書を引き、進んで英検なども受けています。もっと英語力を高めたいとも思っています。本当に池田塾に入って良かったと思っています。

東京都市大学・工学部ご進学 M君

私はこの塾に来る前に大手個別指導塾に通っていたのですが、英語の成績が伸び悩んでいました。なので、2年生の終わり頃塾を変えようと思った時、この塾を偶然見つけました。池田先生と最初に面談をした時、この先生に指導して貰えば成績が上がると確信できるほど先生から熱意が伝わってきました。そして、この塾に通うことを決めました。

塾に通ってから最初は市販のテキストで勉強して、30分程度で出来る宿題を出されました。その後、宿題を毎日やっていくにつれて英語に対する苦手意識がなくなり、宿題として出されなくても自主的に英語のテキストをやれる様になり、勉強への抵抗が無くなりました。勉強に抵抗がなくなった後は学校のテストに向けての勉強を始め、最終的には伸び悩んでいた英語のテストは約半年で38点から85点まで伸びました。化学や数学などの理系教科も池田先生の幅広い人脈のおかげで30点近く点数が上がりました。これらの要因も重なり3年前期の7月の仮評定3.4から9月の本評定が4.2まで上がりました。この評定のおかげで評定平均値が上がり、担任からは難しいと言われていた東京都市大学の指定校推薦が取れました。

この塾のおかげで勉強に対する抵抗が無くなり、大学も早くから決められたので、大学に入学してからしっかりと学ぶための準備、英検や自動車免許の取得に向けた学習など充実した毎日を過ごせています。勉強への抵抗を無くし、勉強をする習慣を身に付けさせてくれた池田先生や理系の先生にはとても感謝しています。

この塾に来て、やる気さえあれば間違いなく英語やその他の教科の成績が上がるということを実感しました。

鎌倉女子大学・児童学部ご進学 Hさん

私は英語がとても苦手で少しでも克服したいなと思い、3年の夏休みに池田塾に入塾しました。 克服まではできませんでしたが苦手意識が薄れて英文が抵抗なく読めるようになりました。  私に欠けているところを気づかせてくれた先生にはとても感謝しています。 池田先生は勉強以外にも将来のことについてアドバイスをくださったり、これから考えなければならない課題などを出してくださったりと進学だけでなく、将来のことまで親身になって考えてくれるすばらしい先生です。 池田塾にいた期間は短かったのですが将来につながるよい経験ができました。 池田先生ありがとうございました!

東京女子大学・現代教養学部ご進学 Mさん

中高一貫校でぬくぬくと育ってきた私は、性格もおっとりしていて、優柔不断な面も多く「受験」に直面した時は、一体なにから手をつけていいのか分からず困っていました。しかし、池田先生が私に合う勉強の仕方を考え、導いてくださったおかげで無事に受験勉強を進めていくことが出来ました。 また、受験シーズンが近づいてくると不安に駆られることが多くなったのですが、その度に先生に話を聞いてもらい、たくさん励ましていただきました。池田先生は私の中で、勉強面ではもちろん、精神面でも大きな支えになっていました。先生の言葉があったからこそ、こんな私でも受験を乗り越えられたんだと思います。 私は約3年半池田塾にお世話になりました。何か悩みがあった時、池田先生に話すとスッキリすることができたし、何より先生の強い言葉にいつも勇気をもらうことができました。こんな素敵な塾で長い間お世話になれた事を本当に幸せに思います。ありがとうございました。

横浜国際高校ご進学 Hくん保護者様

高校入試がもうすぐそこに見えてきた11月終わりに、中学3年の息子を連れて、池田塾の門をたたきました。この時期の息子は、通っている大手塾では模試の成績分析から県内難関校の受験を薦められていたにもかかわらず、中学校においては思うように内申がとれず、受験に対するモチベーションが下がる一方でした。このままではいけないと母親として感じたため、どこかに頼みの綱がないかとインターネットでさまざまな情報を得て、最終的に「ここしかない」と直感的に判断し、すぐに池田塾に「お助け依頼メール」を送らせていただきました。するとすぐにお返事をいただき、面談の運びとなりました。 こちらからひと通りの事情説明とお願いを申し上げたあと、池田塾長は、まっすぐに息子の目を見て、「君はどうしたいか?」とお尋ねになりました。「このままでは悔しいから、絶対に志望校に合格したい。そして世界で活躍する人間になりたい。」と答えた息子に、池田塾長から「よし!じゃ、やってみよう」とお声がけいただきました。この瞬間、何か大きな扉が開いたように感じたのは私だけではなかったようで、「これまで大手塾や学校では教えてくれなかったことをいくつも体得することができるから、楽しい」と言って、息子は受講を楽しみながら知識を積み重ねていくことができました。 入塾から受験までの2ヶ月ちょっとの期間で、かつてないほどの成果を出すことができたのは、池田塾長の指導内容の良さだけでなく、授業後には趣味や将来の話なども織り交ぜることで、今の自分を楽しみながら、モチベーションを高めていく方法を伝授していただいたおかげであろうと感じています。 「苦しいだけの勉強は、つまらない。 自分を高めていくということを、もっと大きくとらえてみてごらん。」 池田塾長のそういう懐の深さに救われ、息子が15歳の春を晴れやかな気持ちで迎えられたことに、心より御礼申し上げます。

鎌倉女子大学・児童学部ご進学 Tさん

私は、中学3年生の冬から池田塾に通っていました。私は英語が全然できませんでした。池田先生が私に一番に教えてくれた事は辞書の引き方です。今まで私は辞書なんて引きたくなしいし面倒だったので引きませんでしたが辞書を引く習慣がつきました。 数学や化学を教えて下さったH先生にもとてもお世話になりました。数学も化学も全然できない私に、理解しやすいように簡単に解ける方法で教えて下さり数学も化学も定期テストで良い点が取れました。とても嬉しかったし理系が好きになりました。 全然勉強が出来なかった私に基礎から教えていただいてとても感謝しています。本当にありがとうございました。

東京工業大学付属高校ご進学 Kくん/ 横須賀学院中学ご進学 Kさん 保護者様

私と主人が池田塾を知ったのは長女の中学受験を考え出した時です。当時彼女は小学6年生でした。6年生から受験勉強を始めるという無謀さに大手の塾は全て門前払いでしたが、池田先生は「よし。頑張ってみよう。ひとつひとつ積み上げて、絶対に合格しよう!」と娘に言ってくださったのをよく覚えています。 池田先生の考え方や人となりに魅力を感じた私どもはその当時中学3年生で「面倒くさい」が口癖で、全身から負のオーラを放っていた長男にも会わせたいとカウンセリングをお願いしました。カウンセリングに行くのも面倒臭がる息子を引きずるように連れて行きましたが、池田先生と話すうちに息子の顔がみるみる高揚してきて先生の話す言葉をひとつも聞き逃すまいと夢中になっているのが見てとれました。 こうして長男、長女の2人お世話になることになりました。 おっとりした長女にはゆっくり根気よく付き合いながら、その時期にやるべきことを的確に指導して合格に導いて下さいました。 長男には彼の知的好奇心を充分に満たして下さり、何故勉強するのかという意義や意味に行き詰っていた彼に学ぶことの素晴らしさを教授してくれました。 この春から長女は希望していた中学校へ、長男は都内の高校へ通い始めました。それはもう溌溂と生き生きと通学しています。 池田先生本当にありがとうございました。感謝してもしきれません。そしてこれからも宜しくお願いします。

開成高校ご進学・英検準1級合格 Oくん

『一生ついていきます!!』 “頭がいいオーラがすごい!!” …小学6年生だった私は、初めて池田先生を見た時、思わず息をのみました。 英検準2級までは、母親と一緒に勉強して一発合格してきたけれど、2級は4回受験しても合格できず、自分ではどうしたら良いのかわからず、途方に暮れていた頃のことでした。 最初は、英検2級の取得が目的だったのですが、初めて池田先生に会って話を聞いていて、「この先生ならボクにいろんなことを教えてくれそうだ」と感じ、というか池田先生に人間としての魅力を感じた私は、その帰り道 既に入塾を決心していました。 思った以上に池田先生はあらゆる教科についてのエキスパートで、いろいろな分野のことに詳しいため話もとても面白く、家族も大切にしている、また、遊び心も『ものすごく』ある人でした。 池田塾には、池田先生の人脈で、やはりヨコスカでは絶対お目にかかれないような、スーパーハードな先生の面々が出没して、希望に応じて英語の授業だけではなく、学年を飛び越え、スペシャルな授業を いくらでも受けることができます!! この度の高校受験の際には、池田塾で普段 幅広く また、もっとレベルの高い授業をしてもらっていたため、傾向が変わって ビックリするような問題を出されても、怖じ気づくことなく対応することが出来ました。 池田塾のいちばんの魅力は、カリキュラムがないところです。いかなる性格、能力、進み具合にも柔軟に対応してくれて、高みに導いてくれるところです。そして何より、池田先生はいつでも必ず満面の笑顔で私たちを迎え入れてくれます。 私の将来の夢は、小学生だった頃は漠然と『英語を使った仕事に就く』でしたが、今は『天体物理学の研究をする』になりました。常に上を見て、叶えたいと思います。 私は一生、池田先生についていきます!!

保護者様

『世の中にはこんなにステキな場所があります』 はじめは、親ではお手上げ状態の英検対策のために、池田先生にお願いすることにしたのでした。 当時小学生だった息子は「学校がつまらない」と、常に言っていました。そんな時に大手の学習塾に行かせたのでは、お月謝と時間を使って、学校と似たり寄ったりのことをすることになるのでは? と考えていたこともありましたが、池田先生の『ひとりひとりの能力を伸ばしてあげたい』という熱意に感銘を受け、この先生にお願いすれば間違いない!!と思ったのです。 最初の面談からすぐに池田先生の授業は始まり、そして何故か息子は 池田塾の宿題をいつも余分にやっていきました。 今もそうですが、授業から帰ってきた息子にたずねる「楽しかった?」の言葉には、必ず笑顔で「楽しかったよ!!」と返してくれました。ですが、「何がどう楽しかったの?」と何度聞いても「口では言えない!!一度でいいからお母さんも、池田先生の授業を受けてみたらきっとわかるよ」としか教えてくれません。 小学校ではそれまで、どんなに頑張って良い成績や、大きな賞をもらっても、ほめてくれない・認めてくれない という状況…、自分は、 上を見て頑張ってはいけないのだろうかと、息子は自信を失って悩み、親子して泣き明かした夜も一度や二度ではありませんでした。 自分を認めてくれる、親以外の大人の存在に 息子は生まれて初めて出会い、救い上げてもらったような気がします。勇気をもらいました。 先日、池田先生は『ひとと違っていなければ、世の中どんどんつまらなくなる」と言っておられました。池田塾では 学年に関係なく、お互いが認め合ったり 心配しあったり 合格を喜びあったりしているようです。 親として『世の中にはこんなにステキな場所があるんだよ』と、探してきて子供に教えてやりたかった…まさにその場所に、小学校時代に出会えた息子は 本当に幸せ者です。 頑張れば、できれば、「すばらしい!!」「Very Good!!」と、満面の笑みと 大きな声で喜んでくださり、宿題のプリントにも大きく書いてくださいます。通塾を始めて間もなく、息子が嬉しそうに宿題を余分にやっている理由が ようやくわかった気がしました。 この春、高校に進学しますが、池田先生にはこれからもずっと、息子の成長をみていただきたいと思っています。

青山学院大学・理工学部ご進学 Yさん

私は池田塾に高校一年生の冬、入塾しました。 当時は英語が苦手だったし、嫌いでし た。そんな私に先生は辞書の引き方から丁寧に教えて下さり、徐々に苦手意識は薄れ てきました。 通い始めてから英語の成績は上がり自分でも驚くような良い結果を残せ ました。 池田先生は、英語の勉強についてはもちろん、他の勉強についてや生活の面 の悩みについてまで話を下さるし相談にのって下さります。 私は落ち込みやすくマイ ナス思考になりがちでしたが、先生に出会ってから前向きになりました。 様々な面で 池田先生に自分の良いところを伸ばしていただきました。 また、池田先生以外にもすごい先生が池田塾にはいます。 H先生に教わってから化学 の成績が10になりました。H先生がいなかったら、理系の大学に進むのは難 しかったと思います。 池田塾には、私にとって自分を変えさせてくれた場所です。 夢を叶える為に頑張ろう と思えるようになりました。先生方ありがとうございました。

保護者様

高1の冬、偶然ホームページで見つけた池田塾に通い始めました。 最初のうちは、大 手予備校等と比較し、若干の不安もありました。 しかし、数か月のうちに、予想以上に英語の成績が上 がり、この塾にして良かったと思えるようになりました。 高二の秋からは、理系科目も教えていただけ ることになり、きめ細やかなご指導のもと、希望していた以上の大学に合格することが出来ました。 試 験前には授業を増やしたり、部活で忙しい時は振替えなど、臨機応変に対応していただきました。 また、進路や部活、学校での様々な悩み事の相談にものってくださり、勉強面以外でも支えになってい ただき、深く感謝しております。 池田先生に巡り会えて良かったです。本当にありがとうございました。 大学に進学後も末永く、よろしくお願いいたします。

明治学院大学・文学部英文学科ご進学 Kさん

私は大人数の授業形式に苦手意識を持っていたので、学校以外ではずっと自宅学習を していました。 しかし大学受験を意識していくと、自宅学習ではかなり厳しいと思い、塾を探すことに しました。 私は英語を集中して勉強したいと思っていたので、英語に力を入れられる塾を探していたら、 インターネットのサイトで池田塾を見つけました。 立地条件も良く、英検対策もできるとのことだった ので、まずはと思い、塾に問い合わせて先生のお話をきくことにしました。 少人数制で、一人ひとりの 実力や苦手に合わせた授業をしてくれるという話を聞き、自分にぴったりの塾だと感じ、すぐに入塾を 決めました。 部活をやっている間は、部活の休みと早めの終わりの日を利用して通っていたので、週二 回の授業はそんなに大変ではありませんでした。 塾の雰囲気もとても和やかで、毎回の授業がとても楽 しかったです。 そして通うたびに、やる気が沸いてくる授業ばかりでした。 私はAO入試を受けること にし、AOの試験は面接と英語によるエッセイだったので、受験期にはその対策をサポートしてもらい ました。 特に英語によるエッセイは、初めて挑戦するものだったので、とても大変でしたが、塾に通い 詰め、先生にコツを教えてもらい、約一週間で随分書けるようになっていました。 そして見事合格をも らうことができました。私事ではありますが、丁度AO入試の準備を始める頃、私は失恋を経験しまし た。 かなり衝撃的な出来事だったので、勉強や生活にも支障が出てしまい、これではいけないと思い、 池田先生に相談しました。 先生からの言葉を頼りに、必死に勉強し、なんとかつらい時期や受験を乗り 越えることができました。今ではいい思い出です。 これからは、TOEICやTOEFLといったハイ レベルな英語検定試験に挑戦し、大学4年間の中で、留学したいと考えています。

英語教員  前職 大手IT関係企業勤務 Iさん

現役を離れて10年以上経つ私が勉強を再開することには大きな不安がありました。 「何をどのように始めたらいいのか」「限られた期間で挽回できるのか」全く先が見えない状態で入塾 を決めましたが、池田先生はすぐに私に必要なものを見極めてくださいました。 現役生のように柔軟 に学習できない私にもわかるような説明をしてくださったり、英語の中に教科を超える知識を織り込ん でくださったりと、とても魅力的な授業を展開してくださいます。 まだ半年程しか経っておりませんが、 学ぶことの楽しさを知ることができました。 これは自分自身でも驚いているのですが、池田塾に通うよ うになってから、身近に起きている小さな物事を深く考える癖がつきました。 池田先生の下で勉強する ことは一生の宝になると思います。

タイトルとURLをコピーしました